タークロゴ

Turkと 秋田食材との出会い

秋田は米と雪の国。

限りなく広がる広大な田んぼ、あるいは雪が何もかも覆う一面の銀世界が、秋田の原風景です。


秋田の黄金色に色付いた田んぼの情景は、まさに「秋」「田」という名が相応しい土地であることを実感させてくれます。

雪がしんしんと降り積もる冬は、お酒を始め、甘酒、こうじ味噌、鮓(すし)、漬物などの発酵食が熟成のときを迎え、食に一層の味わいと深みを加えます。


このように秋田は、四季の移り変わりがはっきりしていて、季節の食材がとても豊かです。これら地元にある四季折々のもので、旬を楽しむことが秋田流。


春には、山菜。

夏には、野菜。

秋には、お米や果物。

冬には、鰰(はたはた)やきりたんぽ、そしておいしいお酒。


秋田の「旬」は「瞬」でもあり、瞬く間に変わっていきます。

移り変わる季節を常に感じつつその一旬一瞬を、「東北のラテン人」秋田の人々は精一杯楽しむのです。


デリカテッセン&カフェテリア紅玉

高橋 紅

※秋田県横手市にありますお惣菜とカフェのお店です。